スーツケース 通販

様々なシーンに役立つ!!THE CASE FACTORYのスーツケースの魅力とは?!

スーツケースは旅のお供には欠かせない便利アイテムですよね。THE CASE FACTORYのスーツケースは、通常の一般的なスーツケースに比べて機能性や耐久性が格段に良く、非常に高い人気があります。ここでは、THE CASE FACTORYのスーツケースの魅力をお届けします。是非、スーツケース選びの参考にして下さいね。

スーツケースの使用目的について

スーツケースは、使用目的によってデザインや機能は変わってきます。旅行用であれば内部がフラットになっていて荷物が色々沢山入るタイプや、自分の荷物が一目で分かるデザインが目立つタイプが便利です。一方、ビジネス用として購入する場合は、飛行機内でPCを使用したり書類を作成したりできるよう、機内持ち込みに適合したサイズで、パソコン収納機能があるタイプがお勧めです。そして、ビジネスシーンに合うブラックや紺等の落ち着いたカラーが最適です。また、スーツケースのキャスターには、音が静かなサイレントキャスターを選ぶ事も大事なポイントの一つです。他にも、スーツケースを立てた状態でもポケット開閉可能なフロントオープン機能付きだととても便利です。THE CASE FACTORYでは、これらの機能性を備えたスーツケースを色々取り揃えています。なので、使用目的に合わせてお気に入りのスーツケースを選んで頂く事ができます。


スーツケース 通販【楽天通販】フロントオープンスタイルのスーツケース

スーツケースサイズの基本の選び方について

スーツケースサイズ選びのポイント

スーツケースを購入する際には、サイズ感は最も重要なポイントでもあります。荷物を持って行く分だけの容量では無く、帰って来る時の荷物量を想定した上で、最適なサイズを選ぶ事が大切です。スーツケースが大き過ぎると、旅行の出発前の準備段階で荷物を沢山詰め込んでしまう事もあります。そうなると、階段や電車の乗り降りの際にスーツケースを持ち上げる作業も大変になるので、その辺りは移動の事も考慮しながら、サイズを選ぶ事も大切です。逆に、荷物が少ないと今度はスーツケースの中に隙間ができて、中で荷物が散らかった状態になってしまうので気を付けましょう。一方、スーツケースが小さ過ぎると、必要な荷物が全て収まらず、旅先で購入したものを入れる事ができなくなり、荷物を入れる為に個別のバックが何個も必要になる場合も出てきます。このように、自分に合ったスーツケースサイズ選びでは、自分の荷物量と旅先で購入したものを入れる為のスペース確保が必要です。なので、荷物量を考慮した上で最適なスーツケースサイズを選ぶのがスーツケースサイズ選びのコツです。

スーツケースサイズの目安

1泊~3泊
スーツケース 通販

1泊~3泊の場合であれば、39Lまでがお勧めです。国内旅行や出張用として使用される機会が多いタイプで、自分で1つ持っていると便利です。1泊~2泊程度の海外旅行にも活用する事ができます。機内持込可能なサイズであれば、荷物を持って移動する事が多い場合や個人旅行等にはお勧めです。

3泊~5泊
3泊~5泊の場合であれば、40~59Lまでがお勧めです。このサイズは、近場の海外旅行用として活用される頻度が高いサイズです。また、個人旅行で移動手段に電車やバス等を利用される場合には、このサイズのスーツケースは比較的移動も楽でお勧めです。
5泊~7泊
スーツケース 通販

5泊~7泊の場合であれば、60~79Lまでがお勧めです。渡航先や現地の季節等によっても異なりますが、海外旅行等で一週間前後の旅行に最適なサイズです。重量は重くなりますが、ケースには2人分の荷物をまとめる事も可能です。また、たっぷり入るスーツケースサイズになるので、衣類を沢山持って行く場合にもお勧めです。

7泊以上
7泊以上の場合であれば、80L~がお勧めです。このサイズになると、長期滞在や荷物量が多い方等に最適のサイズです。このサイズも、重量は重くなりますが2人分の荷物をまとめる事も可能です。

THE CASE FACTORYのスーツケースの魅力について

世界初の歪まない形状記憶フレーム
形状記憶フレームのスーツケース

THE CASE FACTORYのスーツケースは、世界初の歪まない形状記憶フレームになっています。2015年にはグッドデザイン賞も受賞しており、弊社独自のデザインとして特許も取得しています。通常の一般的なスーツケースの場合、どうしても衝撃の影響を受けてスーツケースのフレームが歪んでしまいます。また、衝撃によってフレームが破損する事もよくありますよね。しかし、THE CASE FACTORYのスーツケースは、強度が大変高いので叩いても落としても反発する力がある為、フレームが曲がると言う事がありません。カーボンファイバーに匹敵する特殊繊維樹脂素材が使用しており、優れた耐久性を実現しています。また、圧力検証も実証済みで、320㎏の荷物にも耐える事のできる形状記憶フレームになっています。

TSAロックを採用している
TSAロック
TSAロック採用のスーツケース

TSAロックは、近年スーツケースで最も採用されているタイプのロックです。TSAロックは、アメリカの米国連邦航空省運輸保安局であるTSAが認める特別なキーになっており、カギをかけた状態でもスーツケースを壊す事無く開錠され検査される為、施錠したままの状態でも預ける事ができます。また、TSAの優れている所は、TSA非対応のスーツケースであってもTSA対応ベルトやTSAロックを装備する事で、荷物検査でスーツケース破損を回避する事が可能です。

TSAファスナーロックタイプ
TSAファスナーロックは、TSAのファスナータイプのロックシステムです。THE CASE FACTORYのスーツケースは、ファスナーオープンなのでTSAファスナーロックが搭載されています。つまみを穴に差し込み、3桁のダイヤルロックをセットすれば、ロック施錠は完了です。自分の好きな番号にダイヤルロックは設定する事ができます。尚、TSAファスナーロックのダイヤルロックには、鍵穴が付いているのですが、その穴は空港職員が検査する際に使用する為のものになっており鍵等は付属していません。
スーツケースに採用しているTSAの種類
TSAファスナーロックにも幾つか種類があります。まず一つ目は、差し込み錠タイプです。差し込み錠タイプには鍵穴があるので、鍵を差し込んでスーツケースを開閉します。一般的によく使用されているカギの形状です。次に二つ目は、ダイヤルロックタイプです。ダイヤルは3桁のダイヤルを回して、スーツケースを開閉します。ダイヤル番号に関しては、自分の好きな番号を設定する事ができます。設定番号を忘れないようにしましょう。
スーツケースのキャスター
ワンタッチ交換可能な便利キャスター
キャスターが交換可能なスーツケース

THE CASE FACTORYのスーツケースは、キャスターが前後4輪ともワンタッチ交換可能なキャスターになっています。なので、取り外し可能でキャスターの手入れも簡単に行う事ができます。また、スーツケースを頻繁に使用していると、どうしてもキャスターは破損してきます。そんな場合でも、交換可能なのでキャスターが壊れたら、新たにキャスターのみ買い替えてスーツケースを継続して使用できる事も嬉しいポイントです。

走行が静かなサイレントキャスター
走行が静かなサイレントキャスター付スーツケース

スーツケースは走行時にガラガラとどうしても音が出ます。そんな走行時の音を大幅にカットしたキャスターが、サイレントキャスターです。弊社独自のサイレントキャスターは、通常走行時よりも20%の静音できるキャスターになっています。キャスターの回転部分のガタつきを極限まで押さえ、耐久性と振動吸収性の両立を追求したTHE CASE FACTORYのスーツケースキャスターは、快適な走行を実現しています。


スーツケース 通販楽天通販でスーツケースを探す